yoshiweb.NET-blog



HOME > blog > ドラッグ&ドロップでファイル名を取得するサンプル - GIZMO
« fscommand サンプル - GIZMO | ローカルからサーバー上のデータの読み込み - Flash »

ドラッグ&ドロップでファイル名を取得するサンプル - GIZMO

※ GIZMOは2013年3月31日をもってサービスを終了したようです


ドラッグ&ドロップでファイル名を取得するガジェットのサンプルです。
(FLAファイル付)
サンプル - ダウンロード

<追記>以下のソースは Gizmoのバージョンアップに伴い動作しなくなっています。
この機能などを手軽に実装できる Gizmoコンポーネントがリリースされているので、Gizmoコンポーネントを使用することをお勧めします。

// コマンドを使う前に必ず実行fscommand("Gadget.start");// ファイルをドロップを許可event_str = "";fscommand("Gadget.fileDropEnable", "true");// イベントを取得fscommand("Gadget.setGadgetEventListener", "event_str");function onEvent(prop, oldval, newVal) {    // ファイル名を取得    var _array = newVal.split(",");    if (_array[0] == "GadgetEvent.FileDrop") {        event_txt.text = _array[1];    }    return newVal;}this.watch("event_str", onEvent);// ファイルをドロップしたときのイベント(例)// GadgetEvent.FileDropStart// GadgetEvent.FileDrop,C:\Program Files\GIZMO\gizmo.xml// GadgetEvent.FileDropEnd// 


投稿者 yoshiweb - GIZMO - 2005/06/05 - 14:11:25 - Permalink
このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:

Comments

コメントしてください

コメントを書く

※ スパム対策のためコメント内の URL は全角で書いてください。あとで半角に変換します。