yoshiweb.NET-blog



HOME > blog > mx.transitions.OnEnterFrameBeacon の使い方
« ドキュメント化されていないクラスの対応バージョンは? | イベント配信クラス×3 »

mx.transitions.OnEnterFrameBeacon の使い方

世間が AS3 などで盛り上がってる中、AS2 で恐縮ですが OnEnterFrameBeacon の使い方を
ムービークリップの onEnterFrame と比較して書けば使い方が分かりやすそうなので書き残してみる。

onEnterFrame の場合
var mc:MovieClip = this.createEmptyMovieClip("enterframe_mc", 1000);
mc.onEnterFrame = function() { // 開始
    trace("実行");
};
// delete mc.onEnterFrame;//止める

OnEnterFrameBeacon の場合
import mx.transitions.OnEnterFrameBeacon;
OnEnterFrameBeacon.init();
var obj:Object = new Object();
obj.onEnterFrame = function() {
    trace("実行");
};
MovieClip.addListener(obj);//開始
// MovieClip.removeListener(obj);//止める
フレームにコピペ>ムービープレビューで、何度も「実行」がトレースされるハズ。

何個も onEnterFrame を実行したいとき、いくつもムービークリップを作る必要が無いので便利です。

参考元 : Darron Schall*
F-site - OnEnterFrameBeaconクラスを使う
投稿者 yoshiweb - ActionScript - 2005/10/24 - 19:04:31 - Permalink
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

コメントしてください

コメントを書く

※ スパム対策のためコメント内の URL は全角で書いてください。あとで半角に変換します。